ひじの黒ずみケアにも使えるケアオイル

コスパも最高!ボディケアにも使えるオイル

ハナアフのスキンケアオイルは、ダブル認可でつま先から髪の毛まで使用できます!

また少量で良く伸びるのでサラッとした使い心地でコスパが良いのも特徴です。

効果としては、保湿だけではなくクレンジング効果や肌を柔らかくする効果もあります。
具体的な使用方法は、後半でご説明しています。

気になる肘の黒ずみ

夏になると気になる事の1つが、ひじの黒ずみです。
長袖を着ている時は気にならないのですが、半そでやノースリーブの季節になると急に気になります。

また自分では気づきにくいけど他人にはよく見えるのもひじです。
ひざなど、体の正面は自分で良く見えるので日ごろから気をつけている人が多いと思います。

そもそもひじの黒ずみの原因は、摩擦による刺激から守ろうとして皮膚が硬くなり、硬くなった角質部分に汚れや色素が沈着して起こるものと考えられます。

ですので、まずはひじをつく癖のある人などは、習慣を見直すことが第一です。

とはいえすでに黒ずみが気になる人は、すぐにでも改善したいですよね?

ひじケアの方法

ひじの黒ずみケアの方法についてご説明していきます。
まずはクレンジングをして、その後保湿、基本的にはこれだけです。

最近は、エステでのピーリングや美白レーザーなどの方法もあるようですが、お金もかかりますのでまずはご自宅でケアするのが良いかと思います。

コストを抑えたい場合は、重曹を使う方法があります。
お風呂場などで水と重曹をまぜてゴシゴシするだけです。
重曹は、炭酸と同じなので肌への負担もそれほど心配ないかと思います。

重曹を使いたくない人は市販のピーリング剤でやクレンジングを使うのも良いです。

クレンジングが終わった後は保湿です。
ニベアが人気なようですが、他にもボディケア用のクリームなどはたくさん販売されています。
ご自分の肌にあったものをやさしくすり込むように馴染ませましょう!

数日繰り返していくと徐々に黒ずみが薄くなってきます!

肌が弱い人はオイルもおすすめ

肌がよわくてピーリングなどを使いたくないという人には、オイルを使う方法もあります。

ほとんどの美容オイルは、よごれを取れやすくしてくれる効果があります。

ハナアフケアオイルを使った方法は以下の手順です。

  1. オイルを少量ひじに塗布しマッサージ
  2. お風呂に入って洗うかホットタオルで拭き取る
  3. オイルを塗布しなじませる

正直ピーリングほどの効果はありませんが、水だけで落としきれない汚れを落ちやすくしてくれる効果と角質を柔らかくする効果があります。

また、少量でかなりよく伸びるのでコスパが良い、クリームなどに比べてべたつかないので夏でも使いやすいといった特徴もあります。

⇒ケアオイルに関しての詳細はこちら